二十六夜山 10月6日(日)曇

 2013年以来の二十六夜山は大変なミスを犯した。

山は台風被害?の倒木とイノシシで大荒れていて1076Pから北西のルートをミスして、北の尾根を下ってしまい1時間半のタイムロスで最終、日没と倒木にいためつけられてしまった。

10/6 都留市駅9:34上戸沢10:09登山道10:26丸太橋10:45 810m11:07~15仙人水11:20尾根11:53~12:02二十六夜山12:56~13:28 1076P14:23~30~16:00引野田BS18:16~26赤坂駅18:45~19:10

山部赤人の墓 9月30日(月)晴

最終日は室生ダムの脇道は崩壊で通行止め、葛神社から国道離れ戒長寺、住職は我々が参拝終わってノコノコ行動を起こしていた。道路のUターンカーブ地点に伝承されていると案内板に書かれている「山部赤人の墓」。

小さな玉立の集落過ぎ道路は無くなり、歩行モードへチェンジ。廃田脇の農道は草丈高い、一旦舗装道路を歩くが暫くすると山道に入り、大和盆地広がる鳥見山展望台は大台ケ原、金剛山も微かに望めた。何度かヘビのお出ましがあったり林の中の道は真夏並みの気温で結構疲れる。

月曜日で閑散とした長谷寺をゆっくり参拝した、王禅寺の檀家さんと思われる寄進が3件ほど見られた。

9/30 朝食5:50豊栄6:30戒長寺7:50~8:19山部赤人の墓8:24~29玉立8:53~56鳥見山展望台9:38~51檜林10:38~51高?神社11:23長谷寺11:34~13:00Idemitsu13:26亀山IC14:33東京19:05初台南19:35トヨタレンタカー新宿南口店20:15

室生寺 9月29日(日)晴

 昨年近畿地方襲った台風被害で林道は陥没し分岐点から歩く、橋を渡り渓谷に入っても崩壊している所を何度も通過して小長尾林道に出る。クマタワ峠手前から苔むした山道に変わり、滑らないよう慎重に歩を進めた。日曜日の室生寺は丁度観光バス到着で大騒ぎ、五重塔から奥の院は静粛で、陰のベンチでランチタイム。

門森峠越えの道も日影で石畳みの道は滑りやすく、心身ともに疲れた。本日も宿に入る前混雑した亀の湯に入りさっぱりしたが、夕ご飯は暑いのにほうれん草に豚肉の常夜鍋でまた汗をかいてしまった。

9/29 朝食5:50豊栄7:00今井林道7:11済浄坊の滝入口7:27小長尾林道8:07クマタワ峠8:55~9:10宇野川橋10:49室生寺11:00奥の院11:53~12:33門森峠下13:12門森峠13:34~40一ノ渡橋14:50~15:06FamilyMart名張15:24お亀の湯16:00~17:00民宿・豊栄17:15

倶留尊山 9月28日(土)曇

亀山インターから名阪国道上野から三重県津市美杉町太郎生、狭い道を亀山峠への登山口に入る。

亀山峠は奈良県曽爾村との県境、稜線を歩いて行くと私有地のため二本ボソ直下に小屋が有り女性2名で入山料を徴収していた。二本ボソから一旦下り登り返して倶留尊山。ピストンで亀山峠に戻り曽爾村を飾るススキ原を奈良県側に下山した。お亀の湯は非常に混雑していた。

豊栄さんの夕ご飯には地元でとれた鮎の塩焼きが出た。

9/28 トヨタレンタカー新宿南口店7:03初台南7:09東名ゲート07:26清水PA9:15御在所SA11:40~12:15Eneos13:23くろそ山荘14:07~16亀山峠14:52~56二本ボソ15:30倶留尊山16:05~20二本ボソ16:50~55亀山峠17:22自然の家17:40お亀の湯17:50~18:28民宿・豊栄18:35

景信山 9月15日(祝)晴

 中央高速の下を通過して鎖で閉鎖された空き地、東尾根の取付点だ。スタートして杉林の急斜面が続く、傾斜緩む度に水飲みタイムをとる。尾根上にはしっかりした登山道が伸びていた。小仏バス停分岐からはメインの登山道て道幅が広がる、シモバシラ初め秋の草花が咲きほこり快適な山歩きが続く。景信山直下の小屋のベンチを借用してランチタイム、風吹き抜け快適東京方面の視界が広がる。そのあとは高尾山口への縦走コースを歩いた。先週の台風で針葉樹林の葉がいたるところに落ち、城山と琵琶滝の一部コース上、倒木のため迂回路の設定があった。

9/15 日陰バス停8:52東尾根取付・梅林9:04~10 478峰10:00~05大久保山(581峰)10:41~48小仏バス停分岐⒒:08~13景信山11:33~12:13小仏峠12:49~56城山13:22~40一丁平14:03~08六号路14:45~48琵琶滝15:49~16:01高尾山口駅16:25