男鹿三山・真昼岳 10月6~8日

 台風25号が日本海を北上して秋田の北西を通過する予想の中を秋田県に向かう。秋田道で秋田県に入ると綺麗に晴れていた。男鹿の街に入ると空が急変してにわか雨。五社堂入口に着く頃には上がりホットした。明日の空模様が心配で今日五社堂だけでも参拝出来れば良いかなと、鬼が一夜にして築いたといわれる999段の石段を登る。大小気ままに置かれた石段は歩きにくく、下りは怖そう。見事にお堂が五つ壮観。

海岸線の道路は18時から高波警報で通行止め、男鹿の街経由で男鹿温泉「ゆもと」に入る。かけ流しの温泉でじわっといつまでも体があたたっまていた。

 7日 宿は山懐で風は時々強く吹くが、出発すると強風が吹き抜けていた。真山神社には杉の葉が落ち、神職の方の「今日はおやめになったら」の一言で中止した。なまはげ館で「なまはげ」の実演を鑑賞した。

道の駅「おおがた」・干拓博物館で昼食。その後大潟富士、金足農高、角館など散策して日帰り入浴でごったがえす「中里温泉」に入った。

 中里温泉からセブンイレブンを左折して自然と峰岸林道に入る。すぐに舗装は切れ砂利道、よく整備された林道はトラブル無く無事峰岸峠。標高900mからスタート、すぐに急登続きでハアハアさらにゆっくり。966峰を過ぎると穏やかな稜線に代わり、また登山道は刈り払いがおこなわれ快適そのもの。朝霧がなかなか取れなかったが、霧が晴れると紅葉が広がり大歓声。真昼岳山頂の三輪神社鞘堂は避難小屋を兼ね、中に入り暫し休憩。兎平登山口への下りは初め急降下でしたが、徐々に緩やかになり日が差し気温も上がり、遠くも景色も楽しめ秋のハイキングを存分に楽しんめた。台地末端で最後の休みを取り、急斜面を下って行くと見事な「飛竜の滝」そして最後吊橋渡り林道少し上ると兎平登山口。岩手県側の林道は整備が進まず何度か下車して悪場を通過した。

 

10/6 トヨタレンタカー新宿南口店7:15中野長者橋7:25東北道接続07:48浦和本線07:52蓮田SA8:25鏡石PA10:20長者ヶ原SA12:41西仙北SA14:50昭和男鹿半島IC15:22五社堂入口16:10~16五社堂16:44~49入口17:10男鹿温泉「ゆもと」18:00夕食19:00

 

10/07 朝食7:00発8:00真山神社8:10~10:00道の駅「おおがた」11:15~12:15大潟富士12:22~35Eneos12:54金足農高13:11~20昭和男鹿半島IC13:35協和IC14:05角館14:10~15:00FamiliMart15:50中里温泉16:00

 

10/8 中里温泉5:20峰越登山口6:18~29 996峰6:47~52音動岳7:40~46赤倉口分岐8:05真昼岳8:26~49 879m9:33~39善知鳥口分岐10:11~21台地末端11:00~08飛竜の滝11:20吊橋11:29兎平登山口11:35~50湯本温泉スーパー12:43~15湯田IC13:16浦和本線20:16東北道接続20:21中野長者橋20:44出光21:01トヨタレンタカー新宿南口店21:17

大桑山~猿橋城山 9月22日 晴

 本間氏の例会に参加、秋雨前線が北上してやっと天気回復。

大月駅・猿橋駅からTAXIで鈴懸峠に入山。ドコモのアンテナ用道路を進んで入山、雨上がりでホウキダケ初め茸がニョキニョキ。大桑山からは踏み跡薄い尾根道を慎重に進む。藪を避け進むとルートは左尾根とStopかかる、さらに鹿よけネット脇を下り入山時の林道の延長路に出る。緩やかな尾根上の大きな分岐は赤く塗られたコンクリート製の恩標石「337」早めのランチタイム。イノシシの踏み跡続く尾根道は途中ヤセ尾根あり緊張が強いられる。猿橋城山南の520峰から本峰までは吊尾根でヤセ尾根が続いた。森に覆われた城山は1段下に広い空間、下から集合写真をパッチン。下り初めてアンテナ過ぎて非常に急峻、注意喚起する。やや穏やかになり一本して最後は落ち葉の堆積した登山道を下った。

9/22 大月駅8:15鈴懸峠8:48~9:12大桑山10:12~21林道10:48恩標石337昼食11:01~26 570峰12:03~10 530峰12:39~48 460m13:32~38 520峰下13:50~59 猿橋城山14:25~48 450m15:10~15 下山15:27~34猿橋駅15:59

高尾山 8月12日曇

 天気予報では雷雨注意報が出ていて心配したがまずまずの天気で、暑さに負けず楽しい一日が過ごせました。

  摺指バス停下車、評判の峰尾豆腐店で140円の木綿豆腐を購入、氷も入れてくれ感激。日影沢を渡り日影沢林道。園地でトイレ休憩後いろはの森への登り、無風で汗だくになる。稜線上に出ると若干風があり早めの昼食、スタート前に購入したお豆腐を食べると汗がスート抜けた。吊橋方面は倒木の影響で通行禁止、そのまま高尾山へ1号路は人々。下りは一旦稲荷山コースを下り途中6号路のとび石への左折、冷気求め沢沿い下った。

 東海自然歩道のスタートの石碑も今回チェックすることができた。

 高尾駅8:32摺指8:40~55日影沢橋9:10~15日影沢園地9:23~31(380m)9:53~57いろはの森10:23~56トイレ11:13~19高尾山11:22~43とび石12:19(390m)12:39~48琵琶滝13:20~27清滝駅13:50~59高尾山口14:03~10

チャツボミゴケとノゾリキスゲ 7月8日曇

  新宿6・35練馬7:08嵐山PA7:40渋川伊香保IC8:14六合村9:50品木ダム10:06チャツボミゴケ公園10・30~12・26

 6月30日梅雨明け宣言した関東甲信地方も先週後半から戻り梅雨?そんな梅雨の時期でも例会開催ができればとの思いで、観光的なチャツボミゴケ公園に向かった。

 公園に着いた頃は小雨模様で集会所で背伸びして自己紹介。シャトルバスをやり過ごして、登山道の標識を進む。バス終点から橋を渡り左岸の幅広の砂利道を進む、赤茶けた沢床に清らかな水が流れ両側にミドリ滴る苔(チャツボミゴケ)穴地獄にむかう。窪地に周回できる遊歩の木道が整備されていてぐるっと見学。20℃位の酸性泉が随所で湧出して、湯の花も形成されていた。強酸性の水を好むチャツボミゴケは梅雨空の下、非常に映えていた。

 富士見峠13・24弁天山14・33~42富士見峠15・03~25渋川伊香保IC17:36練馬18:56新宿19・42

 野反湖に着く頃には雲が切れ、薄日が一面に咲く「ノゾリキスゲ」を黄色く輝かせていた。湖岸の散策路から弁天山の標識で左折して登山道になり、狭まり草も覆いズボンを濡らす。お地蔵様と祠並ぶ弁天山からは霧がたてこもり眺望は無かったが八間山を見ながら富士見峠への下りは、アヤメ、ノアザミ、クルマユリ、イブキトラノオ、ハクサンフウロ、コマクサ、カラマツ等沢山の花に囲まれ皆満足の下山であった。

 

天蓋山 6月24日晴

23日 小雨で観光。当初計画した籾糠山は登山口の国道360号・天生峠の雪害、復旧工事の為冬季閉鎖の解除は遅れ中止とした。

道の駅スカイドーム・神岡で昼食をとり、飛騨古川の観光に変えて暫し散策して、高山線坂上駅頭の「志田旅館」に入る、重厚な作りで玄関はトチの分厚い1枚板で敷き詰められていた。

24日 快晴 朝食前坂上駅と近くを散歩して御飯をいただく。

 標高1,000m弱の池ケ原湿原に行く。幅広の木道が整備されて、木道上を行くがアシが覆い尽していた。5月頭のミズバショウの時期でないとと言う感じ?もっと早い時期に再訪してみたい。

 太郎兵衛平登山口の有峰湖から高山市に抜ける大規模林道の山之村キャンプ場から天蓋山はスタート。シラカバ林の登山道から沢筋へ進

む。やがて木の根が階段状に続くが良く整備された幅広い登山道で安心して登れる。すずめ平まで登ると前方に大きな森が続く、スタートが遅くなった分時間の余裕なく休憩もそこそこ、アップダウンを何度か繰り返しようやく天蓋山。山頂は樹木は伐採され、雲が山頂にかかっていたが北アルプスの大展望を満喫出来た。北の俣岳は一番近くよく見えた。昼食休憩もソコソコに田部井淳子さんが揮毫された標柱の前で集合写真を撮り下山した。

6/23 新宿6:44初台06:49高井戸06:52談合坂SA8:00みどり湖PA9:40松本10:01平湯11:04神岡道の駅スカイドーム12:00~13:00飛騨古川13:30~14:50志田旅館15:30夕飯17:40

6/24 朝食5:50志田旅館7:00池ケ原湿原7:45~8:40山之村キャンプ場10:20~30(1079m)10:58~11:01(1140m)11:39~43すずめ平12:03~06天蓋山12:37~13:02(1219m)14:02~07キャンプ場14:50~15:13平湯16:18松本17:50談合坂SA19:20~48新宿20:52

6/23

6/24

続きを読む