山嶺 2月号

 新春恒例の海が見えるハイキングの例会を1月4日開催した。

 真鶴駅にはマスク姿の多くの会員が集い、駅に近い新井城址公園から住宅街に入ると庭先にはタワワに実をつけた柑橘類が目に入る。

 石の広場から舗装道路を離れ、足裏に優しい山道に入る。クスノキの大木を始め多くの広葉樹、松などの自然林を通り、しめ縄が張られた三ツ石が見える海岸に下り昼食とした。波は穏やかで初島、三原山、横浜のビル群まで望まれた。帰途貴船神社に参拝して安全登山とコロナ禍の収束を祈念した。

 昨年末からコロナの急激な感染拡大で、9日からの週末に予定している例会開催の取り扱いに関して、各係から問い合わせがありま

した。

 6日部長会を開催。日帰り例会は開催する。泊まりが伴う例会は中止と決議致しました。会員の皆様におかれましては、特にスキー

シーズン。活動出来ない状態になりますが、主旨をご理解いただきますようお願いいたします。

 会員一同更なる慎重な行動で、この難局を乗り切っていこうではありませんか。

山嶺 1月号

令和三年 謹賀新年

 4月以降例会は中止になり山行はままならず、人が少ない時間を見計らってのジョギング、ウオーキングと自宅内での各種ストレッ

チをして過ごしてきましたと、多くの会員の皆様が話しておりました。久しぶりのハイキング、従来小一時間に5分の休憩をとって歩いていたが、ペースが上がらず、後方のメンバー各氏も同様で小刻みに休憩を取り、スローペースで例会をこなしてきました。

 グレートトラバースの田中陽希君、コロナ禍で復帰した山で調子があがらないとぼやき、温泉療養、登山の再開で、徐々に普段のペースをとり戻したと11月放送の映像は伝えていました。やはり平常と違う生活と時間を過ごすと戻すには、多くの時間が必要なのだと実

感を致しました。

 新年は前年イベントとして47都道府県100登山を開催いたします。既存の100名山でなく、当会の役員諸氏が知恵を絞った100名山です。ご期待ください。コロナ禍は続いております、体調管理に万全を期して、東京野歩路会の100周年を皆様盛り上げていきましょう。